スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年半ぶりのパーマ

未承認の署名にご協力してくださった皆様、ありがとうございました。
私も、きっとこうゆう事に積み重ねた年月できっと私たちの現在にもつながってきたのかな・・・としみじみと思いました。
私は乳がんだけど、年齢的にもこの先原発で他の癌にもなりうることもあるし、今までのように自分の病気だけではなくこういった活動があればどんどん協力していきたいと思っています。

皆様、ほんとうにありがとうございました

今日は古き(?)同級生の紹介で美容室へ行きました
抗がん剤の治療で、私の場合は多少髪の毛が残った。
全部抜けた方からすると『いいじゃない!残ったなら!!』と思う方もいると思いますが、ごめんなさい
でも私からすると髪が多少残っても全部なくなってしまっても、あの髪の毛がパラパラと抜けていくショックな気持ち。切ない気持ち・・・それは皆同じだと思っています。
そして生えてきた時の喜びも皆同じだと思っています。

私は3年前、髪の毛が抜け始めた時に『大丈夫・・・大丈夫・・平気、平気』と思うようにしていたようです(おいおい、自分のことだろって感じなのだけどww)。
それを認めると自分自身が病気に負けそうで、かなり強がってたのかもしれない
その反動でこの三年間、しこたま私は髪の毛を伸ばしました。
でも三年目の検査がクリアだった時に髪を切ろう・・・と思った。
自分でも気がつかなかった病気への執着や、気持ちのうえで少しだけ自分自身に距離を置いてみれるようになったからだ。
フッと振り返ると『あアア・・・私、こんなに髪に執着していたんだな・・・』って三年経ってやっと自分で認めることができた。
しかも三年もかかったのか・・・って自分自身に突っ込んだww

『髪を少し染めて、ばっさり切ってください
いさぎよくそう言ったら美容師さんにもう少し髪の毛で遊んでから切ったらいいのではないかと10分ほど説得されて・・・
『じゃ・・パーマかけてもらえますか。3年以上ももうかけてないんです
意思の弱い私・・・ww
結局、緩めのふんわりパーマを3年半ぶりにかけた。
『指で丸めてトライヤーをかけると、内巻きにも外巻きにもできて遊べますよ?』と説明されて、単純な私は上機嫌ww
いつまでもつかは自分でもわからないけど、しばらくはこの髪型で遊ぶことにした
そして次の目標は・・・
おっぱいロング目指して頑張るじょ



未承認薬の早期承認を求める署名活動に賛同しました。

スポンサーサイト

テーマ : - ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。