スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しぶい っす★

今日は仕事が終わった後、お友達とご飯をした
友達は私と同じく独身で(彼氏はいますが・・ww)、年齢も近い。
もしも結婚するとしたら・・・
この二択なら・・・どっちを選ぶな?んて話になった。

超ずぼらな男性VS超几帳面な男性

私だったら・・超ずぼらな男性を選ぶかもww
そんな感じでご飯してる途中で私が
明日『ブラッド・ダイヤモンド』を観に行こうと思ってさ?なんて話してたら、友達も観たいと思ってたとゆうことで・・・
携帯で上映時間を調べてみたら、レイトショー最終には間に合うとゆうことが解って・・・
観にいってきました

主人公のレオナルド・ディカプリオさん
シブクてかっこ良かった

前回の『ディパーテッド』を観た時に久々にレオナルド・ディカプリオさんを観た私・・・。
『えっあれおでこが・・・ちょっぴり・・』
って思ったけど、今回の映画を観てそんなことはどうでもいいくらい、逆にシブミが増したかもって思うくらいだった。
『タイタニック』の時の王子(?)的な感じが抜けて、それもそれで当時は良かったけど、この映画ではワイルドな男って感じで妙にハマってる気がした
もっと年齢を増した頃にはどういった感じの俳優さんになっているのか・・・楽しみだなっ
スポンサーサイト

ブラッド・ダイヤモンド

今日は予定外だったけどレイトショーへ行きました
今日はこの映画・・・

ブラッド・ダイヤモンド

映画の情報を見る前は物語なのかなァと思ってたけど、最後を観ると・・・ある分野では現実の話なのかなァと思った。

内容的なことは↑のタイトル部分をクリックするとリンクで見れるようにしているけど、正直・・・ちょっと衝撃的で悲しかった。
悲しいとゆうのは・・・
この社会・現実に対しての悲しいとゆう感情だ。
この映画を観て、私が一番感じたこと・・・

少年兵士。

衝撃的で悲しかった。
日本ではまだ小学生くらい(?)の子供達が連れ去られて、戦う事・人を殺す事を徹底的に叩きこまれる。
身体にも心にも・・・。
子供達が銃を持って、敵とみなす人達を容赦なく殺してゆく。
子供達がお酒を飲み、タバコを吸い、薬に溺れ、家族の愛情すらも捨ててゆく・・・そんな姿が背筋を凍らせる気持ちだった。
こんなことが同じこの地球上であるなんて・・・。
今のこの平和(日本での)が壊されませんように・・・そう祈り願って止まない。
戦争やテロ・紛争・・・色んな視点で色んなことを考えさせられた。
地獄から這い出たいために、地獄を作る・・そうとも感じたなァ。
『硫黄島からの手紙』のように戦争映画ではないけど
こういった社会情勢が作った問題だって・・・同じくらい酷な事だと思ってしまいました。

ちょっとクサイ(?)とかドラマの台詞(?)とか思う人がいるかもしれないけど・・・
そういった沢山の悲劇から平和へと救うのは
お金や支配欲 そういった人間の欲ではなく

愛 であってほしい。

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。