スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2連休

今週末は、1ヶ月ぶりに 土日休みの2連休だった
晴天で太陽が燦々な連休。
昨日、土曜日はミニシアターで映画をはしごした
お酒のはしごはするけど、映画のはしごは初体験

普通の映画館も好きだけど、ミニシアターはちょっとマイナーな作品や、ちょっと古い名作、公開が終わってしまった映画・・そんな作品が上映されたりしている。
ほんとなら毎週でも行きたいけど、いつも行ってる映画館よりも終わっちゃうのも早いから、私の場合は休みの時や早く帰れた時じゃないと行けない場所だ。

1本目。
札幌駅、北口裏のほうにあるビルの地下1階にあるミニシアター
蠍座 へ。
ここはなんと・・・
1本だと 一般 800円
2本だと 一般 1200円
とゆう、なんとも親切なお値段
ルワンダの涙 とゆう作品を1本見た

2本目
大通りにある シアターキノ へ。
ここは料金は普通だけど、私は会員に入っているので
10本までは 全作品・全曜日・全上映時間 無料。
10本以降は 全作品・全曜日・全上映時間 1000円。
それでも生きる子供たち とゆう作品を1本、無料で見た

2本の映画をはしごして・・・800円。
いつもお酒のはしごばかりだけど・・・(笑)

スポンサーサイト

ルワンダの涙

前に上映されていたけど、見逃してしまった作品。
ルアンダの涙
知ってる人・・・いるかな・・・
1994年に起こった、ルアンダ殺害事件。
フツ族出身の大統領が飛行機事故にあったことがきっかけで、フツ族民兵のチツ族虐殺が開始されたらしい。
約3ヶ月で100万人ほどの人が殺害された、忌まわしい事件
その出来事を、当時の生存者である人達が主になって作り上げた、真実の話の映画だ。

同時の虐殺現場となった学校。実際にその現場でのロケ。
生存者の人達もスタッフやエキストラで参加。
どれだけ苦痛な仕事だったかと思うと・・胸が痛む。
作製スタッフたちも、涙を流しながら撮影したと言われるこの作品を見てみたかった

世界のいたるところで 平和や幸せを願う その背中では
世界のいたるところで 民族争いや宗教戦争、難民・・など・・
そんなことが絶えずに起こっている世の中。
こういった映画を見た後は 平和 について、いつも真剣に考えさせられる。

小さなことでも幸せと感じる人がいるとゆうのは、その一人一人の気持ちが大きな世界平和へとつながる・・・。
って誰か言ってたのを思い出した

テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。